月別アーカイブ: 2014年7月

恥ずかしい体毛

今気になっている体毛の悩みは大きく分けて二種類あります。
一つはホクロから生えてくる毛。
これに関してはまず皮膚への悪影響から、レーザーを当てて除去と言うわけに行かないのが難点で、更には何故だか他の毛よりも一段と濃く太いものが必ず生えてくるというのが非常に悩ましいです。
仕方が無いので、危なくないように眉切りハサミで、肌ギリギリの所でそっと切っています。
しかも私は身体にホクロが沢山あり、大きな物も顔、腕などに合計3個くらいはあり、しかも全部毛がちょろっと生えてくるので苦笑いです。
男の人に指摘されたりしたら恥ずかしいなと思います。
もう一つはデリケートゾーンの毛の悩みです。
現在妊娠しており、しばらくは脱毛サロンに通ったり自宅でレーザーを当てることも出来ないので、恥ずかしながら処理が出来ていないのが現状です。
今は水着を着ることもないし、他人に見えてしまいそうな機会はそんなにないのですが、お風呂に入る時など自分では見てしまいます。
部分の特徴上、毛が濃い事とボーボー、もさもさでだらし無い感じが恥ずかしいと感じてしまいます。
昔は誰も見ないし、と気にしていなかったので友達が気にしてサロンでVラインなどを処理していると聞くと、わざわざ処理するんだ~、何でなのかなと思っていましたが、今では独身の頃にきちんと処理しておけば良かった、と後悔しています。
妊娠前に家庭で使えるレーザー脱毛がすごく気になっていたので、子供が少し大きくなって落ち着いたら購入してみたいと思っています。

ちなみに私の母は50代にして脱毛に通い始めました。※50代女性の脱毛

母曰くずっと脱毛に行きたかったらしいのですが、私たち子供を育てることに必死で自分のお手入れをしている暇なんてなかったそうです。なので兄弟全員が結婚をし、親許を離れた今、自分へのご褒美としてずっとやりたかった脱毛に通うことにしたそうです。それもいいですよね(^^)/いつまでも綺麗で若々しい母でいてほしいと思います(^_-)-☆

今、ぜひ欲しいもの、それは・・・お金です。

今、家計は低空飛行・・・というより潜航準備万端の潜水艦状態です。。。

親の介護のために実家に帰ることになり、転職を余儀なくされた。

しかし、ずっと実家を離れていて人脈もなく、転職適齢期をかなりすぎていては、ぱっとした転職先は無い。

介護関係はいろいろ補助金はあるが、入退院を繰り返したりすると、年金があってもなんやかんやでけっこう赤字になる。

という訳で家計は低空飛行というかシュノーケルをだした潜水艦状態。
何もなければ水面ぴったりで息ができるが、数万円の出費でも調整できない状態が続いている。

どうしようもない時は、消費者金融でお金を借りてやりくりしているぐらいだ。

http://xn--tiq990a31o6nrptijyhprj.com/

そういう訳でとにかくほしいのが、当たり前だが、お金。

しかし、多少ゆとりがあって、もっと欲しいという場合と、精神的なゆとりがなくなるくらいぎりぎりで、もっと欲しいという場合では、その欲しさ具合が大きく異なるのだ。

ゆとりがあるときは、あまりなんとも思わないが、今は数千円でもほしい。
ちょっとした飲み会や、気分転換にドライブが気軽にできる数千円がほしい。

服だってたまには買わなければいけない。会社に着てゆけるものは数百円では売っていない。
あまり堅苦しい恰好は必要ないが、2~3万円くらい洋服代でほしい。

税金とか車検とかは、なにも楽しいことが起こらないのに数万円単位でお金が消えてゆく。
節約するのは、スーパーの安売りの時間を狙ったり、雑誌を立ち読みで済ませたりで数百円単位なのに・・・。

以前はGWや盆休みに何日も車中泊で遠方まで走りまわったが、また行きたいものだ。
車中泊とはいえ、ガソリン代や食費や雑費などけっこうかかる。

10万円ほどあればかなり楽しめる。また全国あちこち行きたいなぁ。

今乗っている軽自動車の走行距離がそろそろやばい。
次も当然、中古の軽自動車なんだけれど50万円ほど降って湧かないかしらん・・・。

今住んでいる家もそろそろやばい。築60年くらいかしらん?あちこちかなり傷んできている。
リフォームすると数百万円? 解体して小じんまりした家を建てると1500万円超?

そんな金額になると、もう現実的ではない。
住めるだけ住んで、どうしようもなくなったら売り払うしかない。

お金があっても幸せとは限らないというけれど、お金がない人の心配の98%くらいは、お金があると解決できるのだ。